時に鋭く、時にユーモラスに、彼は自分の青さから来る様々な感情を、
独特のリズムで詠っています。     
(歌川まどか氏「永遠なる放蕩息子へ」より)
 
..
...

..

..